-out of date- ブログ版

--/--/--(--) --:--:--

[] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/13(土) 16:11:53

[] 読んだ書籍:XPエクストリーム・プログラミング入門―ソフトウェア開発の究極の手法

XPエクストリーム・プログラミング入門―ソフトウェア開発の究極の手法



本の印象


  • Extreme Programmingの創始者Kent Beckが書いた、XPの解説書。
  • 既に第二版が出てるので、そっちを読んだ方が良い。
  • 読みづらい翻訳なので、原典(Extreme Programming Explained)を読んだ方がいいかも?
  • 個人的にオススメなのは、13ページも割かれた「解説付き参考文献」。

記憶に残ったこと


・まえがきの項目

まえがき:
そもそもなぜextreme(究極)という単語が名称に含まれているのか。XPは常識を原理とし、極限まで実践するからである。
たまに「この本は当たり前の事しか書いてない!」とか批判する人がいるが、
XPは「常識を原理」とまえがきに書いてるので当然な話ですよー

※XPが提唱する「オンサイトのユーザー(顧客)」は「常識」ではないけど


・食料の項目

コーチング:
食料もXPプロジェクトに欠かせないものである。休憩して誰かとパンを食べることもプロジェクトに影響する。XPプロジェクトにはいつも食料が転がっている
あるプロジェクトの参加中にこの話を読んだので「ものは試し」と、
  • お菓子を入れるケース(A4サイズ)
  • カントリーマアム
  • 個別包装された生チョコ
を買ってきて、A4ケースの中に山盛りセットして置いてみた。
すると、
  • (天気の次に無難な話題である)手に取ったお菓子の話で話題が始まるようになる
  • あまり喋らない人が「お菓子と食べて一息つく事ができるようになった」と言ってくれた
  • 眠気ざましのガムやら、風邪予防のビタミンCキャンディーなどがいつの間にか常備される
  • 他チームのリーダーがお菓子目当てにやってきて、情報も落としていってくれる
  • リーダー等時間がなくてお菓子を買いに行けない人用に、募金箱までセットされる
等々、コミュニケーションなどが非常にスムーズになりました。見ていて面白かった。


評価


☆☆★ (また読みたい)
スポンサーサイト
コメントを書く
トラックバック:0 - http://nekosakana.blog50.fc2.com/tb.php/685-ff0333b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。